展示会で多くの来場者に見てもらえるようなブースデザインの特徴とは

展示会で多くの来場者に見てもらえるようなブースデザインの特徴とは

展示会のブースデザインで押さえるべきポイント

パソコンを見ながら話す

個人製作のものから企業制作のものまで、誰もが自分たちの手によって作り上げた商品やサービスを数多くの人に知ってもらいたいものです。それは、後の売り上げや個人や企業を含め、ブランドのイメージ向上につながります。それでは、どのようにすれば自身の商品が、ターゲットとなる利用者に認知されるようになるのでしょうか。それは、展示会で自分のブースをもち、参加者の目を引くようなブースデザインを作り上げることです。国際標準化機構によれば展示会とは、商品・サービス・情報などを展示、宣伝するためのイベントで、ただし、フリーマーケットや路上販売は含まないと定義されています。まさに、商品を大衆に認知してもらうためのイベントです。しかし、イベントに参加したとしても人々の目にとまらなければ、認知や収益につながる効果は軽薄です。だからこそ、ブースデザインに力を入れる必要があるのです。ここからは、2つの重要なポイントを紹介します。1つ目は、「企業名ではなく商品についてわかるキャッチを掲げること」です。これにより、来場者が何を扱っているかについて瞬時に理解することができます。2つ目は、「自然なスタッフ配置をすること」です。ブースの周りに正対してスタッフがたっていたら、来場者は近寄りがたくなってしまいます。そのため、自然体を意識することが大切です。以上を抑えて、展示会のブースデザインに参加してみましょう。

顧客を呼び込む展示会のブースデザイン

展示会でより多くの顧客と商談の機会を持つには、ブースの形が重要なカギとなります。
人の流れの動線を意識したブースデザインとは何なのかを考えてみましょう。

動線を考える上で、次の三つのポイントを大切にしましょう
一つはオープンな環境を作ることです。
来客者に入口と出口を感じさせない、オープンなブースを作ることを心がけましょう。
狭いブースでは手前側に商談用の机や、資料用の棚などを置いてしまうと、それだけで来客者に壁を作ってしまいます。
逆に広いブースでは、ブース内の道をふさいでしまうような大きな展示物を置いてしまいがちです。
シンプルな空間づくりを心掛けると良いでしょう。

二つ目は展示物にはストーリー性を持たせることです。
展示物に一貫性を持たせることで、来客者の離脱を防ぐことができます。
今回の展示会で何を顧客に売り込みたいのか、全体のテーマが明確なブースデザインを意識してみましょう。

三つ目は商談席の数はほどほどにすることです。
呼び込みの結果、商談が発生するのはとても良いことです。しかし、同時に長時間に及ぶ商談は、ブース全体の回転率を滞らせる要因の一つともなります。
商談席の数をブースの広さに見合った数に抑えたり、動線をふさがない位置に置いたりすることで、呼び込みと商談のバランスが取れたブースを作ることができます。

展示会のブースデザインと言えば、装飾に目が行ってしまいがちですが、このような来客の動線を考えることで、より高い集客率を見込めるようになります。

展示会で目立つブースデザインでお客さんを呼びこむコツ

たくさんの人が集まる展示会では、ブースの数も膨大になり自分のブースになかなかお客さんが集まらないという悩みは多いと思います。せっかく素晴らしい商品が展示されていても、お客さんが来てくれなくては意味がありません。展示会の会場でブースデザインによって、どのように商品の魅力をお客さんに一瞬で伝えるか、それにはまずは目立つことが大前提になってきます。
目立つには第一に、看板こそがブースデザインの最重要ポイントです。ブースがお客さんの目に入るかどうかは、大きく目につく看板に、いかに商品をインパクトのあるメッセージとともにのせられるかにかかっています。看板の文字は太く大きく、目立つ色と装飾で、印象に残るキャッチコピーとともに商品名や会社名を入れましょう。どんな人や、企業に向けたどんな商品であるのかが瞬時にわかる看板であることが大切です。
そして、看板が目に入ったとして、実際にお客さんがブースに立ち寄るかどうかのポイントになってくるのが、商品がわかりやすく目立つところに配置されているか、立ち寄りやすい雰囲気の目を引くブースデザインかどうか、という二点です。
商品は背が低い人にも遠くからでも見える前面の高めの位置に設置し、説明員は笑顔で話しかけやすい対応を心がけ、カラフルなポスターやのぼりを使って展示会でセンス良く目立つブースデザインを心がけましょう。ブースデザインの専門業者に相談してみるのもおすすめです。

更新情報