展示会で多くの来場者に見てもらえるようなブースデザインの特徴とは

展示会で多くの来場者に見てもらえるようなブースデザインの特徴とは

来場者が見やすい動線の工夫も展示会のブースデザインで大切な要素

スーツ姿の男性

展示会のブースデザインでは、動線を考えることも大切な要素になります。基本的には、来場された方が見やすい動線でブース内の設計を行うことです。入口から出口に至る動線がハッキリしているほど見やすく、伝えたいことを漏れなく見てもらえます。そのような動線も含めた展示会のブースデザインは、専門業者に相談することで的確な設計が可能になります。
好ましい動線例の基本は、入り口付近は注目を集める商品などを展示して、通りかかる人にアピールします。まずは自社の展示会に興味を持って来場してもらわないと、どんなに動線に工夫をこらしても無駄になってしまいます。また入口付近では、気軽に入りやすい雰囲気作りも必要になるでしょう。そして入口から奥に足を進めると、幅広い商品の陳列があり、壁面にはパネルを使って商品説明があると理解してもらいやすいでしょう。
商品は多すぎたりただ並べるだけの陳列ではなく、魅力的に見えるディスプレイにも工夫し、売りの商品とのメリハリをつけると見やすくなります。そして奥のスペースでは商品に関わる体験などができる場も設置して、来場者の気持ちを掴んでいきましょう。動線が分かり辛いブースデザインは、来場してすぐに出てしまう可能性があるので注意しましょう。

更新情報